スピクリスポール酸・学会発表

第48回日本防菌防黴学会年次大会にて開発室 曽我亜由美 さんが発表を行いました。発表内容は製品「スピクリスポール酸」の抗菌活性についてです。

今回はオンラインでの発表でした。

コアタイムには企業の方を中心に来訪いただき、質疑応答委をさせていただきました。今後の開発業務に活かせていける、意見・質問をいただくことができました。

 

 

天然素材でカビなどに効果があるスピクリスポール酸は面白い素材と考えています。これから社会に貢献できるよう、さらに研究開発に取組んでいきます。

経営革新計画 承認

静岡県に申請していた「経営革新計画」が1月15に承認されました。

今回申請した研究開発テーマは、「発酵技術を利用したリグニン分解酵素の製造と販売」です。

これまでに経営革新計画に承認された開発テーマは4件になります。

各テーマとも少しづつでありますが着実に開発が進んでおります。

これら研究成果が社会に貢献できることを目指して日々の業務に取り組んでまいります。

 

日経新聞 掲載 (12月26日)

当社、環境事業の取組が日経新聞(12月26日)に掲載されました。

環境事業の核となっている「メタン発酵」は二酸化炭素削減、クリーンエネルギーの生産など、これから地球規模で解決していかなければならない問題に対して有用な発酵技術だと考えています。

この発酵技術を試験室での研究開発や大型発酵槽が稼働している現場で磨いていくことが、当社の発展に貢献するだけでなく社会貢献にもつながってくると考えております。

  

TOPページ
有機酸・アミノ酸
食品加工
環境事業
発酵・精製
機能性素材
会社概要
経営理念
沿革
活動報告
技術紹介
採用情報
社員紹介
アクセス
お問合せ