“未来創造開発センター”

2018年3月末、新たな研究開発施設として”未来創造開発センター” が竣工しました。

この開発センターでは、これから発酵に関する研究開発だけでなく、食品配合の検討や有機合成反応を用いた技術開発に取組んでいくことになります。現在の4事業の各技術・知見を集約しながら、新たな価値を生み出していきたいと思っています。

 

また、外観ですが、デザインにも多少こだわりカーテンウォールを採用しております。また夜間は当社マークがライトアップされます。4月上旬には、開発センター内から桜をみることができました。

本格的に運用されていくのはGW明けを予定していますが、いまからこの開発センターでの仕事が楽しみです。

この開発センターが、名前の通り”磐田化学工業の未来を創造していく場所”にしていきたいです。

 

 

 

 

62期 入社式

4月2日、62期入社式を執り行いました。

今年度は5名の新人が入社しました。入社式では高橋社長よりお祝いのお言葉がありました。

緊張している人も見受けれましたが、皆さん、元気より入社後の抱負などを話してくれました。

 

 

入社式終了後、早速、研修がはじまります。

これから新社会人として、様々な壁にぶつかると思います。

そのときには、先輩・上司・同僚からアドバイスがあると思います。一緒に成長していきましょう。

 

 

プロジェクトの取組みが記事に!

発酵未来創造プロジェクトの内容が記事になりました。

記事は、1月11日に、行政向け情報公開サービス「i JAMP」に掲載されました。iJAMPは全国1,900の中央省庁や県・市町村などの地方自治体向けに発信されています。

記事では、当社でのメタン発酵の取組みや地元貢献にかける思い、またそれに対する行政からのサポートなどについて書かれています。

 

記事内容の一部を抜粋

——————————————————————————————————————————————

「浜名湖のアサリ不漁の解消に一役買いたい」。近年のアサリ不漁の一因子は海草アオサの大量発生といわれている。

静岡県磐田市の「磐田化学工業」はアオサの処分に効果的な方法を開発。一部の処理をボランティアで行う意欲を持つ。

しかし、処理には幾つかの問題が立ちはだかっているため、企業の社会貢献への熱意を生かそうと、静岡県西部支援局は、

関係者との調整に乗り出すことにした。同局幹部は、「企業の社会貢献を応援したい」と意気込みを示す。

——————————————————————————————————————————————

 

当社取り組み、特に地元の課題を自分たちの技術で解決したいという思いが全国に発信されたことは非常に嬉しく思っています。

 

2018年 年始式

新年明けまして、おめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

1月5日 、2018年 年始式を執り行いました。

今年は、昨年同様に全社員が「挑戦」することを継続することに取組んでいきます。

このような取り組みを通して、活気あふれる会社にしていきたいと思います。

今年も府八幡宮  宮司様に来社いただき、年始のおはらいをして頂きました。

新年の開始にあたり、このような儀式に参加しますと、身が引き締まる思いがあります。

今年も、磐田化学工業としてよい仕事始めになったと思います。

 

61期 納会

2017年 12月29日、当社納会を開催しました。

皆様のおかげで、各事業とも順調に成果を出しており、笑顔でこの日を迎えることができました。

髙橋社長が常に言われている「挑戦」が少しずつ実になってきたのではないかと思います。

 

会の中では、今年も、髙橋社長から各賞の発表があり、受賞者には皆で拍手を送りました。

毎年、様々な人が受賞しますが、部署が異なると、普段、仕事上で関わらない人もいるのですが、改めて、多くの人によって各事業が営まれていることを実感しました。小さな会社だからこそ一人ひとりの力が発揮できる環境があるのではないかと思っています。

また、今回は4月に新設された「開発室」について関口取締役から発表があり、磐田化学の将来に向けての1歩を実感することができました。

 

 

来年2018年もみんなでこのような納会を迎えたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

近隣企業との間伐作業

 11月30日に開催された間伐作業に参加しました。

この作業は、毎年、磐田市環境保全推進協議会主催で行われている行事です。

今年も天気に恵まれ、怪我もなく無事に終えることができました。

当社からは総務グループから大見さんが参加しました。お疲れ様でした。

磐田工場 防災訓練

11月7日、磐田工場にて防災訓練を実施しました。

昨年度の訓練、また9月に実施した大須賀工場での感想・反省をいかして、よりよい訓練になるよう取組みました。

各班ごとの訓練内容も充実していて、今年も内容が濃い訓練が実施できました。年に1度の訓練ですが、改めて災害を認識するいい機会になったと思います。

61期 内定式

10月14日、61期内定式を執り行ないました。

今年は大学院、学部生、高校生の皆さんに内定通知を出させていただきました。

皆さんはじめは緊張しているようでしたが、食事会での時には緊張もほぐれ話が弾んでいたようです。

社員一同、内定者の皆様が来年4月に入社することを心待ちにしています。

残り少ない学生生活を楽しんでください。

豊田中学校 地域体験学習

豊田中学校 1年生5名が体験学習の一環として当社に来てくれました。元気な中学生が来社してくれて、今回は会社概要の説明、工場設備の見学、従業員へのインタビューなどを経験してもらいました。

担当した従業員も、中学生に対して、わかりやすい説明になるよう対応していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

品質が高い製品を安定してお客様に届けるために、どのように取り組んでいるかを説明する布施さん。中学生も真剣にメモを取ってくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

品質管理の重要性、具体的な評価試験について話をする渡邉さん。

 

 

 

 

 

 

 

 

微生物を用いる研究開発について、特別な装置を見てもらいながら説明する望月さん。

 

このような機会を通して、地元の方に、私たちの仕事内容や目標・夢などを少しでも知ってもらえればと思います。

産業振興フェア in いわた

昨年に引き続き、「第7回 産業振興フェア in いわた」に参加しました。今年は9月29・30日に開催され、180の企業・団体が参加しています。

当社ブースでは、「メタン発酵によるリサイクルループ」の提案や「クエン酸カリウム入りのスポーツドリンク」の試飲などを行ない、当社のPR活動を行ないました。

髙橋社長が磐田商工会議所の副会頭を務めていることもあり、普段お付き合いしていない異分野の企業の方々もブースに立ち寄ってくださいました。このような出会いが、このフェアの醍醐味の1つではないでしょうか。

今回は、環境事業部・有機酸事業部・総務部の従業員がブース内でお客様の対応をしましたが、2日間とも天候にも恵まれ、多くの方に足を運んでいただきました。

ブース担当者の皆様、本当にお疲れ様でした。

経営革新計画承認

9月22日 、静岡県に申請していた「経営革新計画」が承認されました。今回の計画テーマは、「微生物が生成する生分解性界面活性剤(発酵スピクリスポール酸)の新しい発酵生産システムの構築と開発」です。

 

「スピクリスポール酸」は非常に面白い物質です。微生物がつくる界面活性剤で、通常の界面活性剤と比較して、環境・人にやさしい化合物です。今後、化粧品などでの活用が期待できる素材です。この計画承認を励みに、より一層、研究開発に注力していきます。

 

開発棟 地鎮祭

9月25日 晴天のもと、開発棟の地鎮祭を執り行ないました。地鎮祭には、髙橋社長、開発担当の関口取締役をはじめとする関係者が出席しました。

 

 

「開発棟」の建設については昨年夏から計画を進めてきました。これまで多くの課題がありましたが、無事にこの日を向かえることができ、関係者一同、本当に嬉しく思っています。

 

 

 

この「開発棟の建設計画」は、磐田化学の将来のため、より社会に貢献できる技術を開発するため、という想いのもと始まりました。

今後も、この想いが実る開発棟になるよう建設工事に携わっていきます。

 

 

 

大須賀工場 防災訓練

9月22日、大須賀工場にて今年度の防災訓練を実施しました。

 

東北地方太平洋沖地震から6年が経過し、最近は防災意識が薄れてきているように思えます。

年1回の防災訓練ですが、改めて「防災を意識する」機会になればと思っています。この機会に、 職場の防災対策だけでなく家庭での対策なども確認していきたいと思います。

 

自社製品「スピクリスポール酸」の学会発表!

第56回 日本油化学会年会(東京理科大学、9/11-13) にて当社発酵製品である「スピクリスポール酸」の研究成果が発表されました。

産業技術総合研究所との共同研究による成果内容を発表しました。その場で質問も多くいただき、その後の反響もあります。

スピクリスポール酸は、微生物が生産する界面活性剤で、環境にやさしい・人への刺激が低いなどの特性があり、今後の展開が期待できる素材です。スピクリスポール酸が様々な分野で活躍していくよう研究開発などを進めていきたいと思います。

 

 

近隣 清掃活動

6月23日、本社近隣の清掃活動を行ないました。

今回は祝い川周辺土手の草刈を行いました。

梅雨の季節ですが天気にも恵まれ、作業もはかどりました。

予想以上に草が生い茂っており、かなりの重労働になったようです。

参加した従業員の皆さん、お疲れ様でした。

 

 

ジュビロ磐田 観戦

4月26日、新入社員の皆さんとジュビロ磐田の試合を観戦しました!

スタジアムに入り、まず「磐田化学工業」の看板を見つけて興奮してくれたので、こちらも嬉しくなりました。

サッカー観戦が初めての方もいましたが、試合もジュビロが3-0で勝利し、楽しんでもらえたようです。また、みんなで応援に行きたいです。

61期 新入社員!

61期4月1日に新入社員6名が入社しました(投稿が遅くなりスミマセン)。

新入社員の入社にともない会社全体が高揚感にあふれています。

新入社員の皆さんは、今後、様々な研修を受講してもらい、2ヵ月後に各部署に配属されます。各部署で活躍してもらえるよう指導していきますので、よろしくお願いします。

新入社員の皆さんは入社時の気持ちを大切に、ともに成長していきましょう。

研究開発に対する取組み

当社の発酵分野に関する研究開発への取組みが、2017年4月14日付けの日本経済新聞(静岡版)で取り上げられました。

この取組みは、スタートしたばかりですが、「発酵」という興味深い技術を生かして、当社ならではの技術構築を目指しています。

 

 

 

HACCPチャレンジ事業登録!


4月6日、当社の大須賀工場、豊田工場、相良工場が、HACCPチャレンジ事業に登録されました。

https://www.n-shokuei.jp/haccp/list

これを機に、お客様に満足いただける品質を提供できるよう、さらに努力していきます。

 

 

 

 

 

 

静岡県 地球温暖化防止活動 知事褒賞を受賞!

当社の「メタン発酵」を活用した取り組みが「静岡県 地球温暖化防止活動 知事褒賞」を受賞しました。

温室効果ガス排出削減対策部門における受賞で、2月25日 静岡県知事から賞状を授与されました。授与式には、髙橋社長、永田工場長、鈴木GLが出席しています。

今後も、環境事業を通して地球の健康に貢献していきたいと思います。

 

スーパーマーケットトレードショーへ出展!

2月15・16・17日 幕張で開催されたスーパーマーケットトレードショーに出展しました。

今年は当社のクエン酸カリウムの機能性を活かした末端製品の開発に取り組んできました。

その中の1つが、コーヒー乃川島さんと開発したドリップコーヒーです。

展示会ではこのコーヒーをPRしてきました。

 

 

 

 

 

 

静岡おみや首都圏商談会に出展

1月17日、第7回目となる「静岡おみや首都圏商談会」に出展しました。

当社からは「クエン酸カリウム入りのドリップコーヒー」を皆様に紹介しました。

大人のためのコーヒーをコンセプトに、健康面でのプラス効果を意識した製品になっています。この製品は株式会社 コーヒー乃川島さんとのコラボで作り上げたものです。

 

 

 

 

 

ジュビロ磐田選手 来社!

1月11日、ジュビロ磐田 櫻内選手、斉藤選手が来社しました。

今年も当社はジュビロ磐田のスポンサー企業として応援していきます!

両選手から今季にかける思いなど聞かせていただき、サインをもらいながら写真撮影などを行いました。今年から、中村俊輔選手も加入しますので、より大きな活躍を期待してしまいます。

みなさん、是非、ヤマハスタジアムに応援に行きましょう。

 

 

 

 

 

2017年 年始式

明けまして、おめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。1月5日 2017年 年始式を執り行いました。今年は、社員みんなが「挑戦」していくような年にしたいと思います。

また、今年は府八幡宮 宮司様に来社いただき、年始のおはらいをして頂きました。

身が引き締まる思いがあり、大変良い経験になりました。仕事始めとして、良いスタートになったと思います。

60期 納会を開催

12月28日、磐田グランドホテルで納会を行いました。

今年は派遣社員の方にも参加いただき総勢114名での開催となりました。

毎年恒例の社長賞の発表があったり、磐田化学の60年を振り返ったり、社長へのサプライズがあったり、あっという間の2時間でした。改めて、磐田化学の挑戦・成長を実感しました。先輩たちに負けないよう頑張っていきたいと思います。

なお、今年の笑顔賞は、有機酸事業部 宮武サブリーダーでした。おめでとうございます。

来年も良い年にしたいと思います。

 

 

 

間伐作業への参加

11月22日に開催された間伐作業に総務G 大見GLと環境事業部 袴田さんが参加しました。

毎年、磐田市環境保全推進協議会主催で行われている行事です。今年は29社が参加しました。

天気に恵まれ、怪我もなく無事に終えることができました。

参加した皆様、お疲れ様でした。

 

 

 

祝川の清掃活動

11月22日、磐田市役所と一緒に祝川の清掃活動を行いました。

天候にも恵まれ、充実した活動を行うことができました。

参加者の皆様、お疲れ様でした。

 

いわた産業振興フェアに出展

11月11日(金)・12日(土)に開催された「いわた産業振興フェア」に参加しました。

今回は、川島珈琲さんとコラボして試作した「クエン酸カリウム含有コーヒー」のサンプルを配布しました。企業の方だけでなく地域の皆さんもブースに立ち寄ってくださいました。

 

同時開催された「企業研究フェア」のパネルディスカッションにもパネリストとして関口 総務部長が参加しました。新卒採用に対する思いを、学生の皆さんや保護者の皆さんに伝えていましたブースに

 

ブースに来場いただいた皆様、ありがとうございました。

そして、展示会に参加した社員の皆様、お疲れ様でした!

 

 

TOPページ
有機酸・アミノ酸
食品加工
環境事業
発酵・精製
機能性素材
会社概要
経営理念
沿革
活動報告
技術紹介
採用情報
社員紹介
アクセス
お問合せ