環境事業(メタン発酵)

半世紀に培った発酵技術と微生物という力強い仲間を環境と人類の未来の為に使います。

 

事業内容

製造で使われた後の培養液に含まれるわずかな有機物や、残念ながら利用できずに廃棄せざる得ない食品素材を、捨てるのではなく再利用してエネルギー化しています。

国内でも有数の大型のメタン発酵装置を所有しているため安定した受入れができ、食品リサイクル法に準拠した100%リサイクルが可能です。


 
 

受入れ可能物・不可物

<受入れ可能物>
水溶性の糖類、果汁類、ピューレ類、フレーバー類、酒類を含む飲料全般、有機性廃液、調味料類、キャンディー類、デザート類(ゼリー、ヨーグルト等)

<受入れ不可物>
不溶性の物質、塩濃度が高い物質、油類、特別管理産業廃棄物


 
 

メタン発酵のメリット

高濃度有機性廃棄物を大量かつ比較的安価に処理ができる。
カーボンニュートラルと考えられておりCO2が増加しない。
食品リサイクル法に準拠した、100%リサイクルが可能。
大型装置を有している事から安定した受入れが可能。

 

 

TOPページ
有機酸・アミノ酸
食品加工
環境事業
発酵・精製
機能性素材
会社概要
経営理念
沿革
活動報告
技術紹介
採用情報
社員紹介
アクセス
お問合せ